コンサートチケット確保のために初めてキャッシング

私は2年ほど前からキャッシングをするようになりました。どうしても行きたいコンサートのチケットを取るために、先振り込みをする必要があったからです。

チケットを確実に確保するために、応募口数を増やし、その分「振り込み代金」は増えていたからです。

とりあえず、持っているクレジットカードにキャッシング機能が付いていたので、それを利用することにしました。

審査は元々カードを作った際に通っていたので問題はなかった。借りた金額は詳しくは覚えていないが、限度額MAXの50万円ぐらいだったかと思う。金利は年18%だったが、すぐに返済するつもりだったので問題はない、はずでした。

チケットは無事当選し、希望の日程を確保することができましたが、手元にいくらかお金が残った。それをきちんと返済に回せば良かったのだが、そのお金を使ってしまい、別の日程のチケットを手配して予定よりもコンサートの回数を増やしてしまった。

「あとで返せばいいや」と思ったのがいけませんでした。しかも、これをきっかけにチケットの抽選振り込みをする時は毎度キャッシングをするようになってしまい、返しても返してもまた借りるという癖がついてしまいました。

カードキャッシングは確かに便利ですが、度をわきまえて使うべきです。

大金を手にするとつい気持ちが大きくなってしまう人や、そもそも計画的にお金を使うことが苦手な人、常にどんぶり勘定のような人はキャッシングをしないことです。すぐに返せない金額は借りるべきではありませんね。