即日発行カードローンの注意点

■即日対応の制限時間

借金男カードローン即日発行を行いたい場合には、当然ながら審査に通る事が必要になります。

この審査時に注意が必要であり、カードローン即日発行サービスを展開していない金融業者に申込みを行っても、審査通過しても当日中にお金を借りる事は出来ません。

またサービス展開を行っている業者でも、即日対応する制限時間がありますからチェックが必要になります。
 

■14時前後までに

多くの業者では14時前後という即日発行の制限時間があり、これは業者によって前後しますから確認が必要になります。

この制限時間外に審査を行っても当日ではなく翌日からの利用になってしまいますから、時間に関しては必ずチェックする事が望ましいです。
 

■必要書類の準備

審査を通過するには返済能力を認めてもらう必要があるため、必要な書類を準備しておく事も大切になります。

他社に借入が多かったりする場合は審査に影響もありますから、カードローンの即日発行を行う場合には事前に準備も必要です。

即日だからと通常の審査と基準が変わるわけではないため、制限時間の注意や業者が定める審査クリア基準に達している場合のみ、即日でのキャッシングが可能になります。

また借りたお金の返済計画を立てる事も重要です。即日キャッシングを希望する方は慌てて借金をするパターンも多いため、落ち着いて返済計画を練って確実に返済出来るような利用を行いましょう。”
 

■借入金額によって金利が変わる

「キャッシングを受けようと考えているけどそもそもカードローンの自分の金利ってどう決まるの?」と疑問を抱かれている人は少なくはないでしょう。

カードローンの金利は一言で言うと、自分がどのぐらい借り入れるかによって変わってきます。借り入れ金額が多ければ多いほど金利はその分安くなってきます。

そして、金利は基本的に消費者金融系のカードローンよりも銀行系のカードローンの方が、安く設定されている事が大半です。

しかし、銀行系カードローンはその分審査が厳しいということも念頭に置いといてください。
 

■利息制限法での金利の上限

また、注意したいのはキャッシングの金利にはピンからキリまで様々な設定がされているのですが、キャッシングなどのお金を貸す側には設定していい金利の上限というものが存在しています。

それは利息制限法では融資金額により上限金利を定めており、100万円以上は年15%、10万円以上100万円未満は年18%、10万円未満は年20%というものと出資法による年29.2%というものです。

延滞をすると遅延損害金利率といって元々設定してあったキャッシングの金利が更に高くなってしまう場合があるのですが、それでもこの上限よりは下にすることが決められています。

自分の金利がおかしいと思ったら早急に司法書士や弁護士の人に相談してください。